ヘルニアは手術以外でも治せる方法があるということを知ろう

女医

病気のサインに気づこう

4人の看護師

女性の体内でホルモンを分泌する役割のある卵巣。卵巣がガンに侵されてしまう病気を卵巣がんといい、女性がかかる病気で特に発症率が高い病気といわれています。がんを治すには初期の症状に気づきいち早く治療していくことが大事です。

詳しくはコチラ

通いやすい環境である

病院

横浜クリニックは、性感染症の治療を取り扱っている病院です。他のクリニックと比べても落ち着いて通える環境が整っていることから人気を集めています。素早く検査結果を確認できるところや診療項目を看板に書いていないなどがあります。

詳しくはコチラ

血流の悪さから起こる病気

3人の医者

脳動脈瘤は、脳内にできた動脈瘤が破裂してしまうことで吐き気や目のかすみ、感覚を失うといった症状が出てくる病気です。この病気は破裂するタイプとそのまま破裂しないで残っているものがあります。どちらも症状が出て来ます。

詳しくはコチラ

自然治癒も可能

男性

ヘルニアとは腰の病気で、脊髄の中にある椎間板と呼ばれる箇所が飛びだしていたり変形してしまい、神経を圧迫する病気です。この椎間板という器官は非常に重要な役割を占めていて、これがしっかり脊髄を支えてくれないと人間は動くことができません。椎間板は飛び出したり変形してしまう主な理由は、腰に負担をかけるような動きを繰り返すことが一番の要因となります。日常生活で無理に重たい荷物を持ったり、肉体労働をしすぎたりといった体に負担をかけることで、ヘルニアになってしまうのです。ヘルニアになると日常生活に様々な支障をきたしてしまうのです。腰をうまく曲げられないため、顔を洗えない、靴ひもをうまく結ぶことができない、階段が下りられないといった普段普通に行っている行動ができないといった問題が発生してきます。症状が悪化すると自分で生活することが難しくなり、仕事や家事などもできないことが多いです。無理に体に負担をかけないことを常日頃から気を付けていけばヘルニアになる可能性は低くなるでしょう。

ヘルニアを発症したら病院できちんと治療を受けましょう。病院でリハビリや手術を行うことでヘルニアは完全していくことができます。以前は痛みを発症してしまうと、手術を受けて治すというのが一般的な治療法をなっていました。しかし最近では手術を行うという方法は少なくなっています。その理由は椎間板は飛び出しても時間が経てば次第に自然治癒できるといったことが発覚したからです。手術で治さなくても、1年以内に自然治癒できるという人がおよそ90%もいると言われています。そのためヘルニアになったからといって、すぐさま病院で治療を受けなさいというわけではないのです。しばらく様子を見てみて動けないくらいの激しい痛みが続くようなら我慢せずに病院で治療を受ける必要がありますが、我慢できるようなら少し様子を見てみるということも一つの手です。また整体院などに行くと、改善できるマッサージというものもあります。痛みを和らげるためにもマッサージで施術を受けることも改善法としておすすめです。そのほか鎮痛剤で痛みを和らげる方法などもありますので、痛みにどうしても耐えられないという人はぜひ病院に行って処方してもらうといいです。腰の痛みは生活するうえでとても不便になり様々な支障をきたしてしまいます。きちんと改善を試みていきましょう。